FC2ブログ
☆ つぶやき  12月
  今年ももう12月。本当に月日の経つのは早いですね。
園庭の木々も赤く染まり園庭は葉っぱのじゅうたんができています。子どもたちは葉っぱの上を歩いたり落ち葉拾いを楽しんでいます。

 〇路交館フェスタが無事終わりました。
 11月3日(木・祝)に大阪市東淀川区にある大阪淡路教会と認定こども園聖愛園、そして隣接の公園でフェスタが行われました。今年も5歳児きりんぐみの子どもたちが<斎太郎節>をステージ狭しと披露してくれました。聖愛園・豊新聖愛園・北丘聖愛園の5歳児の子どもたちが毎年ステージに立つのですが、今年は3園の中でトップの北丘聖愛園の5歳児の子どもたち。少し緊張はしたものの立派に、また堂々とした<斎太郎節>を見せてくれました。
遠方にもかかわらず、きりんぐみさんのほとんどの子どもたちや保護者の方が駆けつけてくださり、本当にありがとうございました。
 また、「きりんぐみさんの舞台が見たい」と応援に来てくれた3・4歳児の子どもたちや保護者の方の顔を見ることができとても嬉しかったです。保護者のみなさまには協賛や参加も含めご協力をいただきありがとうございました。
 フェスタ当日は北丘の職員もヘルパーとして障がいを持つ利用者さんと一緒に、フェスタを楽しんだり、月一回北丘に販売に来てくれ、保護者さんとも馴染みのある「うぃず守口・クロスロード」、「桜の園」さんとは紙すき交流、また今年は「桜の園」を訪ねての交流等があり、メンバーさんとも顔見知りになってる子どもたちもたくさんいました。

 〇12月3日(土)は生活発表会です。
 今年の発表会も昨年同様、2部構成で行います。1部は0・1・2歳児の乳児クラス、2部は3・4・5歳児の幼児クラスで演目を行います。うんどう会が終わりひと回り大きくなった子どもたちは、今度は発表会に向け日々練習をしています。練習も回を重ねる事に完成形に近づき、楽しみながら練習をしています。当日観覧席は総入れ替え制です。ご両親だけでなく祖父母・兄弟などたくさんの方に見に来て頂き、本当に有難くおもっています。ですが、ホールの中が保護者の方で満員状態で、年々子どもの数も増え、その分保護者の人数も増えるため、ホールに入りきれなくなる事が予想されます。今年も子どもたちのためにも自園で行うメリットをとり、また保護者の方にも子どもたちの発表を落ち着いて見ていただけるようにと考えました。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 発表会はもうすぐです。体調に気をつけて、子どもたちが元気に当日を迎えられますように。
‟はれの舞台“は子どもたちの頑張りに加え、ハプニングあり、笑いあり、涙ありになるでしょうが、ぜひ大きな拍手を送ってあげてください。よろしくお願いします。

 〇12月18日(金)にクリスマス会があります。
 毎年クリスマス会で5歳児クラスの子どもたちが園の代表として、クリスマスを祝うキャンドルサービスを行います。5歳児さんの保護者の方でご希望の方は観覧が可能です。お忙しいとは思いますが、よろしくお願いします。           井本 敏子
スポンサーサイト
[ 2016/11/29 17:09 ]

| 保育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
☆つぶやき☆   (11月)
 朝夕はグッと冷え込み涼しいというより、一気に寒くなり園庭の桜の葉っぱも色づき始め、冬が近づいていることを知らせてくれています。とは言っても日中はまだ汗ばむ陽気の日もあり、寒暖差により体調を崩す子どもたちも増えています。子どもたちも保護者の皆さんも体調には十分気をつけて、もうすぐ訪れる冬に備えてくださいね。

 うんどう会が無事に終わりました。
 今年は日本中を湧かせてくれた「リオオリンピック」「リオパラリンピック」にちなんで「キタリンピック」と題してのうんどう会。
本番1週間前から、お天気情報とにらめっこ。前々日からは雲の動きも数時間置きにチェックして、当日にくだした短縮プログラムでのうんどう会。
子どもたちがこの日の為に練習してきたことを、「何としても見てもらいたい」というみんなの思いが通じたのか雨も降らず開催することができました。
オープニングでは、力強い太鼓に合わせきりん組(5歳児)さんが登場し、見事に斎太郎節を披露してくれました。大震災からの復興への願い、応援の気持ちをちからいっぱい踊ってくれて、大きな声援・拍手をもらいました。
ひよこ組(0歳児)さんは、予定していたメニューを少し短縮し保護者さんとのふれあいを楽しみ、観覧されてる方にも笑顔を届けてくれました。
りす組(1歳児)うさぎ組(2歳児)は年間を通してのプログラムを取り入れ、年齢に応じたかわいい姿を見せてくれました。
くま組さん(3歳児)ぞう組さん(4歳児)きりん組さんも年齢別競技でも頑張る姿を見てもらうことができました。たてわり競技では、友だちとの関係だったり、グループの繋がりだったりを見てもらうことができました。

毎年子どもたちの姿に感動させられます。子どもたちってすごい力を持ってる、仲間って素敵だなっと、そして0歳クラスから5歳クラスまでの繋がった保育・教育というものも改めて感じることができました。
午後からのプログラムは行ないませんでしたが、乳児クラスの保護者の皆さんからは「プログラムの短縮で最後まで見ることができ感動しました。」と嬉しい感想をいただきました。その他の保護者の方からもたくさんの感想文をいただきました。どれもが心暖まる文章で、職員一同胸が熱くなり感謝の気持ちが込み上げてきました。
笑顔あふれるうんどう会を無事に終えることができましたのも、保護者の皆さんのご協力のお陰だと思っています。本当にありがとうございました。

これからも、子どもたちの成長を一緒に見守って行きたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

                             井本 敏子
[ 2016/11/08 13:27 ]

| 保育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |