FC2ブログ
☆ つぶやき  1月 ☆
  12月に入り、豊中市内の子ども園・保育園等でノロウイルス(感染性胃腸炎)が大流行し、それぞれの園で行事の中止を決めざるをえない状況となりました。幸い北丘では、ノロウイルスによる感染児が少なかった為、予定通り発表会・クリスマス会ができ嬉しく思っています。

 〇12月3日(土)に発表会が終わりました。
 当日はこの時期には珍しいくらいの陽気で、数名の欠席児はいましたが、無事に終える事ができました。子ども達はうんどう会後から、発表会に切り替え1年の集大成として、やり遂げてくれました。
0・1・2歳乳児クラスは年間を通して大切にしてきた担当制の成果もあり子ども達が落ち着いて舞台に立つ事ができ、乳児期に大切にしたいリズムあそびや、ごっこあそび等の取り組みを入れた可愛い姿を観てもらえる事ができました。
3・4・5歳幼児クラスはクラスの劇の取り組みから子ども主体で作ってきた事で5歳児をリーダーとしてそれぞれのクラスが舞台に立ちクラスみんなで劇を作りあげ、それぞれの役割りを果たしてくれ、披露することができました。5歳児は鍵盤ハーモニカを含めての合奏と手話で相手に伝える事・4歳児は楽器の数を増やしての合奏・3歳児は身体を使っての音あそびと年齢ごとに繋がりのあるものを観てもらう事ができました。各年齢の歌も年間を通して音楽集会で毎月歌を歌ってきた成果も観てもらえ、見応えのある発表会になったと思います。
自園ホールでの発表会は収容人数が限界ではありましたが、二部構成にし、また観覧も総入れ替え制にした事で演目クラスの保護者さんが落ち着いて観る事ができ大きな混乱もなく、終える事ができました。保護者の皆様には、常日ごろからご協力、子ども達への見守り等本当に感謝しています。

〇12月22日(木)にクリスマス会がありました。                  
子ども達が楽しみにしていたクリスマス会があり、ホールに集まって来る子ども達は「サンタさんくるのかな?」「プレゼントはなにかな?」となんだかそわそわ。1部の始まりは5歳児さんによる降誕劇(クリスマスページェント)がありました。生活発表会とは違った役になりそれぞれが見事に演じてくれました。その後は、手あそびをしたり大人によるハンドベルを楽しみました。それから5歳児さんのキャンドルサービス。厳かな雰囲気の中大事そうにキャンドルを持ち、ゆっくりゆっくり入場。手の中で灯るキャンドルにいろいろな思いを馳せ素敵な歌声(きよしこのよる)を聞かせてくれました。最後は淡路教会の牧師さんより、お祈りしていただき、1部の終了。2部はおたのしみ会でサンタさんからプレゼントをもらったり、盛り沢山のクリスマス会になりました。0歳児さんから5歳児さんまで一同が集まることができたのも嬉しく思いました。
当日、時間の都合をつけて観に来て下さった5歳児の保護者の皆様有難うございました。
 
   今年1年本当に有難うございました。来年もよろしくお願いいたします。
                                    井本 敏子
スポンサーサイト
[ 2016/12/28 09:24 ]

| 保育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |